保育学科の目指す「VISION」


Step1
Step1 保育現場に生きる実践力を身につけよう

人間形成の土台を作る幼児期、その成長を支える大切な役目を持つ保育という仕事は、
やりがいのある仕事です。 二年間でしっかりとした理論と技術を学び保育現場に生きる実践力を身につけます。

専門的な医療知識の修得に
力を入れています
保育者の仕事は、保育の知識以外にもこどものアレルギーなどといった専門的な医療知識や、救急対応などの知識も必要となります。
本校では、医療系カリキュラムを設け、それらの知識を持った保育者を養成します。

カ リ キ ュ ラ ム
保 育 の 本 質 ・ 目 的 210 時間
保 育 の 対 象 の 理 解 300 時間
保 育 の 内 容 ・ 方 法 510 時間
保 育 の 表 現 技 術 390 時間
保 育 実 習 480 時間
総 合 演 習 60 時間
教 養 科 目 240 時間
 

姉妹校である
「群馬パース大学」との連携
現在保育の現場では、発達障がいの早期発見・支援が求められており、その特性や幼少期の援助方法なども学ぶ必要があります。
本校では、医療系大学であり姉妹校でもある「群馬パース大学」と連携し、より高度で質の高い授業を専門講師から受けることができます。



Step2
Step2 実習で保育実践力を身につけよう

実習では、実際に幼稚園や保育所、施設などの現場に赴き、机上の知識を現場経験に結びつけるために行います。 実際に、現場に出て体験的に実習することによって、これまで学んできた「知識」や「技術」を基礎として、保育実践力を養います。

Step3
Step3 主な就職先

「保育士」「幼稚園教諭」は一般的に、幼児に関わる保育園・幼稚園の仕事だけに必要な資格と思われがちですが、保育園・幼稚園以外にも、乳児院、児童養護施設、各種障がい児施設などでも一定人数以上の資格者を配備することが義務付けられています。 他にも、児童館や学童クラブ、病院、ベビーシッターなどで勤務する場合も資格を必要とする場合もあり、就職先は多岐にわたります。
また、年齢に関係なく続けられ、女性としてはハンデとなりがちな結婚・出産の経験もプラス材料として扱われますので、女性にとっては魅力的な資格です。資格を取ることで就・転職、再就職には有利ですし、将来の子育てにも十分に生かすことができます。

資料請求

群馬パース大学福祉専門学校では、「保育に医療的知識を」・「介護に医療的ケアを」を合言葉に、人材育成に取り組んでいます。

群馬パース大学福祉専門学校 お問い合わせ・資料のご請求はお気軽に TEL.0279-60-7010
Mail:paz-care@paz.ac.jp