介護福祉学科

≪ 修業年限2年 入学定員50名 ≫


介護福祉士とは

昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」に規定されている、介護を専門的に行う人々のための国家資格です。 平成19年の同法改正により、介護福祉士が行う業務内容が、「入浴、排泄、食事その他の介護」から、「心身の状況に応じた介護」と新たに規定されました。 介護福祉士の行う介護の対象は、全ての年齢の介護を必要とする人々であり、国民の誰もが必要とするサービスを担う資格です。 これからの社会にとって欠かすことのできない重要な国家資格であると言えるでしょう。


ミドコロ1: 最短2年で国家資格が取得可能

本校は厚生労働省より国家資格の付与を認められております。したがって、卒業と同時に国家資格「介護福祉士」を取得することができます。
(仮に養成校を出ていない場合は、実務経験3年以上、6ヶ月以上の実務者研修を受講し、さらに国家試験の受験が必要になります。)
取得できる資格

  環境の変化に対応できる
      次世代の「介護福祉士」を目指しましょう!


ミドコロ2: 現場に生かせる「実践的な学び」を

校舎は渋川市の運営する「高齢者地域支援施設」に併設。高齢者の方々が利用する複合施設との相互連携により、 高齢者一人ひとりの状態に合わせた関わり方を経験し、介護の現場で活かせる実践的な学びを修得することができます。 また、認知症予防・リハビリテーション・レクレーション・コミュニケーション能力の向上を図り、現場で起こる様々なケースに対応できるような力を持つ 「現場に強い」介護福祉士を要請します。


ミドコロ3: 幅広い年齢層の方が介護福祉士を目指しています

今、社会からとても必要とされており、将来大変有望な国家資格です。

資料請求

群馬パース大学福祉専門学校では、「保育に医療的知識を」・「介護に医療的ケアを」を合言葉に、人材育成に取り組んでいます。

群馬パース大学福祉専門学校 お問い合わせ・資料のご請求はお気軽に TEL.0279-60-7010
Mail:paz-care@paz.ac.jp