資料請求

群馬パース大学福祉専門学校では、「保育に医療的知識を」・「介護に医療的ケアを」を合言葉に、人材育成に取り組んでいます。





 


キャンパス移転

★平成29年4月、渋川新キャンパスへ移転!

 本校は、平成29年4月より、高山キャンパスから渋川キャンパスへ移転します。
 JR渋川駅から徒歩5分の好立地です! 通学がとっても便利になりますよ♪

※平成28年9月より、改装工事がスタートいたしました。
  工事は順調に進んでおり、平成29年2月に終了予定です。
 新校舎

 ●校内イメージ
               エントランスホール1                エントランスホール2
 エントランスホール1 エントランスホール2

Step1
Point1 新しく「保育学科」が誕生(平成29年4月開設予定)

保育 人材養成が急務である保育者の養成を行うことで、
地域福祉・社会福祉の向上に寄与する人材育成を推進します。

また、学科が増えることにより、学園祭や各種イベントなど更にパワーアップ!キャンパスライフがより充実します。

Step1
Point2 JR渋川駅から徒歩5分

夜景 平成29年4月にJR渋川駅から徒歩5分の好立地にキャンパスが移転します。 渋川総合病院跡地で国道17号線にも隣接しており、車でのアクセスも便利です。(無料の駐車場も完備!)

新キャンパスには、講義室、演習室、図書室や就職相談室など、学びの場にふさわしい充実の施設が完備されています。 また、授業はもちろん放課後も自由に使用できるので、自分のペースでしっかり学べる環境です。

Step1
Point3 多世代交流施設を併設

保育 渋川市が策定した渋川総合病院跡地利用事業計画により、高等教育機関である本校と渋川市の運営する 「子育て支援施設」・「高齢者地域支援施設」が、多世代の方々が利用する複合施設として、平成29年4月に誕生します。

次世代育成のための教育環境整備、いきいき暮らせる安全・安心なまちづくりなど、国で定められた「まち・ひと・しごと創世総合戦略」を勘案し、高い効果が期待できる施策として取り組んでいます。