群馬パース大学ロゴ

医療技術学部
臨床工学科

臨床工学技士国家試験受験資格

第1種ME技術者
第2種ME技術者

臨床工学科まるわかり動画集

学科の特徴

FEATURE

群馬パース大学の
臨床工学科ってどんな学科?

POINT01

チーム医療の中心となる
臨床工学技士への意識付け

1年次~3年次では、夏休みを利用して関東周辺地域の医療施設見学や医療機器製作工程などが見学できる機会を設けています。講義だけでなく、実際に医療現場や医療機器メーカーなどで活躍する臨床工学技士の姿を見たり、会話をしたりすることで、医療専門職としての誇りや倫理感を身に付けることができます。

POINT02

第1種、第2種ME技術実力検定試験の合格を目指す

医療機器に関する安全管理の知識や臨床現場に近い専門知識の修得を図る、第2種ME技術実力検定試験を2・3年次に挑戦させています。また、第2種ME技術実力検定試験に合格した学生に対しては第1種ME技術実力検定試験の合格を目指し、積極的に学修の支援を行っています。

POINT03

先生と気軽に話せる雰囲気

各教員の研究室と同一フロアに学生との連絡用掲示板や図書室がレイアウトされているため、研究室に学生は足を運びやすく、日常生活の相談など気軽に話せる雰囲気を学生と教員が共に作っています。

4年間の学び

Learning

教育研究上の目的・養成する人材像

生命の尊厳を自覚し、畏敬の念を持つとともに豊かな人間性と高い倫理観を備え、医学・工学に関する専門知識と技術を学び、論理的思考・高い洞察力と的確な判断力をもって医療機器の操作及び保守管理を行うことができ、チーム医療の一員として医療に貢献できる質の高い臨床工学技士の人材養成を目指します。
高度化・複雑化する医療技術に対応するため、医工学に関する基本的知識・技術を修得し、医療分野におけるさまざまな課題に対して、国際的視野を兼ね備えた広い視野で物事を捉え、問題意識と探求心、問題解決能力を培うことを教育目的としています。

教育研究上の目的
・養成する人材像

様々な疾病で苦しむ人々に対して、尊厳と人間愛をもって、診療画像検査、放射線治療の過程をとおして、病気の発見・治療を目指す高度医療技術をもった人材養成を目指します。
また、放射線による障害や防護、安全管理をとおして、画像生成と解析に関する知識、放射線と物理、生物、化学との相互作用による医療技術に関する知識を深め、問題解決能力を有し、高度なデータ・サイエンスと連携した臨床応用技術を自ら実践できる臨床力を養うことを目的とします。

学びの流れ

  • 1年次

    臨床工学の基礎を学ぶ

    社会人として必要な教養を身に付け、臨床工学の基礎を学びます。医学・工学の基礎知識・技術を学び、医療専門職としての基盤をつくります。

    多彩な学修プログラム

    Pickup

    基礎工学実験
    臨床工学を学ぶにあたり、基礎として理解しておく必要のある現象・原理・実験方法・技術などを、実験を通して修得します。先進・高度化する医療機器に対応できる基本的技術とコミュニケーション能力を身に付けます。

    Pickup

    病院見学研修
    臨床工学技士の知識が少ない中で、臨床現場の業務内容を理解するために、1年次に病院見学研修を行っています。自分の将来像をじっくりと考え、より一層勉学に励むことを目的としています。
  • 2年次

    医療機器の知識を修得

    臨床工学に必要な臨床医学と理工学の基礎知識を学び、それを医療機器に応用するための知識・技術を身に付けます。

    多彩な学修プログラム

    Pickup

    医用電子工学実習
    ダイオードや演算増幅器(オペアンプ)などを用いた実験を通して、医療機器に使われる電子部品や電子回路の特性や動作原理を確認し、理解します。また、実験やレポートを通して、コミュニケーション能力を養い、互いに協力して成果を上げることを学びます。

    Pickup

    多職種理解と連携
    医療現場は多様な職種で医療チームをつくり、良質で安全な医療を実現するための「チーム医療」が不可欠です。質の高い医療の提供を目標に、自らの専門性をいかして多職種協働できるようになるために、チーム医療を理解します。

    Pickup

    基礎医学実習
    1年次の解剖学、生理学、病理学の知識をもとに、臨床に則した実習を行い、臨床工学技士に必要な各臓器への理解を深めます。ブタの肺、心臓、腎臓の解剖では、各臓器の機能を確認し、臨床医学的な基礎を修得します。

    Pickup

    生体計測装置学実習
    臨床現場で的確な診断、治療行為を行うためには生体から発信される様々な情報を正確にキャッチする必要があります。生体計測装置学実習では、集中治療室や病室に設置され、血圧、心拍数、呼吸数などのバイタルサインを測定して患者さんの状態を把握する「ベットサイドモニター」などを実際に操作することで臨床にむすびついた知識・理解を深める授業を実施しています。

    学生メッセージ

    友達や先生、人との出会いに恵まれて、この大学に来て良かったと思っています

    町田 結さん(2020年4月入学)

    群馬県立前橋東高等学校出身

    『基礎医学実習』で豚の臓器の解剖したことが印象に残っています。実際の臓器に触れられる機会はないので、実際に自分の目で見て肌で感じられたことはとても貴重な経験となりました。教科書の色のついている図面で見るよりも、実際に臓器に触れることで、硬さ、弾力、重さ、大きさを感じられ、より詳しく臓器の仕組みが理解できました。

    1週間のスケジュール

    月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
    1限 医用材料工学 医用電子工学実習 臨床薬理学 医用機器安全管理学実習
    2限 医用機械工学演習 臨床医学総論Ⅱ 医用機器安全管理学実習/臨床免疫学
    3限 人間工学 医療情報処理工学演習 生体計測装置学実習 放射線工学概論
    4限 臨床病理学 医療英語リーディング 看護学概論 基礎医学実習
    5限 医療安全工学
    ※赤・・・必修科目、黒・・・選択科目
  • 3年次

    専門職としての自覚を持つ

    学んできた理論・知識・技術を基に、医療技術の提供に必要となる実践的な技術を身に付けます。チーム医療の一員としての臨床工学技士の役割と責任を理解します。

    多彩な学修プログラム

    Pickup

    体外循環装置学実習
    臨床工学技士が手術室の業務で携わる人工心肺装置の操作など医療機器について学びます。人工心肺回路の準備や組み立て方法を理解し、操作の基礎知識を実践的に学びます。

    Pickup

    血液浄化療法装置学実習
    血液浄化療法に関わる医療機器(血液透析装置等)と関連機器の原理、構造、操作方法、保守管理方法について理解します。臨床における患者対応や治療の流れを理解することで臨床実習につながる知識や技術を身に付けます。

    Pickup

    呼吸療法装置学実習
    自力での呼吸が障害された場合に装着する人工呼吸器や呼吸治療に関連する医療機器の原理や構造、機能、操作方法、点検方法について、実際の装置や機器に触れながら学びます。また、人工呼吸器の装着によって生体へどのような影響を及ぼすのかシミュレーションを行い理解を深めます。

    臨床実習

    群馬大学医学部附属病院/群馬県立心臓血管センター/公立富岡総合病院/前橋赤十字病院/西片貝クリニック/岩手医科大学附属病院/東北大学病院/星総合病院/獨協医科大学日光医療センター/国際医療福祉大学病院/足利赤十字病院/済生会宇都宮病院/自治医科大学附属さいたま医療センター/埼玉医科大学総合医療センター/埼玉医科大学国際医療センター/埼玉医科大学病院/埼玉県立循環器・呼吸器病センター/草加市立病院/さいたま赤十字病院/新松戸中央総合病院/亀田総合病院/千葉メディカルセンター/東京大学医学部附属病院/東京慈恵会医科大学附属病院/練馬光が丘病院/三井記念病院/南長野医療センター篠ノ井総合病院/佐久総合病院 佐久医療センター/諏訪赤十字病院

    学生メッセージ

    “この人なら大丈夫” そう思ってもらえるような信頼される臨床工学技士になりたい

    小林 良輝さん(2019年4月入学)

    長野県諏訪二葉高等学校出身

    授業や実習では、医学や工学の基礎知識を学ぶだけではなく、社会人として必要な教養を身に付けたり、多職種間で連携を図るために幅広い分野の学修を行っています。入学前のイメージと違い、大学はグループで話し合うことやコミュニケーションを取る授業が多いです。同じ目標を志す仲間と出会えて毎日充実した大学生活が送れています。

    1週間のスケジュール

    月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
    1限 生体機能代行装置学実習 生体機能代行装置学実習
    2限 体外循環装置学実習 体外循環装置学実習
    3限 呼吸療法装置学実習 臨床工学総合演習Ⅰ 呼吸療法装置学実習 システム工学演習
    4限 血液浄化療法装置学実習 血液浄化療法装置学実習
    5限 医用治療機器学実習 医用治療機器学実習
    ※赤・・・必修科目、黒・・・選択科目
  • 4年次

    4年間のまとめ

    これまでに学んだことを整理し、総合的な理解を深めます。また、卒業研究を通して、問題解決能力を養います。

開講科目

Curriculum

教養科目群

教養科目群は、人間に対する幅広く深い理解や関心、社会とその仕組み及び社会生活に関する見識、社会人としてのコミュニケーション能力、情報対応力などの社会的能力、専門教育の基礎となる学習能力、科学的思考・判断力、主体的姿勢を育てることを目標とする科目群です。

目標
  • 人間に関する幅広い知識を修得し、理解や関心を育てる。
  • 社会と社会生活に関する見識、社会人としての判断力、コミュニケーション能力など、社会的能力を育てる。
  • 専門教育の基礎となる学習能力、科学的思考、判断力、主体的姿勢を育てる。

※閲覧したい項目を押すと詳細が表示されます

専門基礎科目群

専門基礎科目群は、専門科目の基礎となる科目群です。

目標
  • 放射線学の基盤となる基礎的医学知識を修得する。
  • 診療放射線技師の臨床実践に必要な臨床医学知識及び技術を修得する。
  • 放射線学の基盤となる基礎的理工学知識を修得する。
  • 診療放射線技師の臨床実践に必要な放射線科学的知識及び技術を修得する。

※閲覧したい項目を押すと詳細が表示されます

共通基盤科目群

共通基盤科目群は、学部に共通する学修の基盤を形成し、チーム医療の担い手としての基礎的な能力を修得するための科目群です。

目標
  • 高等学校教育から大学教育へ円滑な転換を図る。
  • 将来、チーム医療を担う一員としての態度を養う。
  • 他の医療専門職との協働に必要な問題解決能力やコミュニケーション能力を育成する。

※閲覧したい項目を押すと詳細が表示されます

専門科目群

専門科目群は、診療放射線技師の高度な専門知識・技術を修得する科目群です。

目標
  • 医療専門職としての倫理と責務を実践する感性と責任感を身につけ、高度な知識・技術をもった診療放射線技師として、放射線学に基づく臨床実践を提供する能力(知識・技術・態度)を修得する。
  • 診療放射線技師の臨床実践における諸問題を抽出、問題提起し、解決方法の提案、検証を科学的に探求する能力を修得する。

※閲覧したい項目を押すと詳細が表示されます

実習室

Facility

パース大学検査技術学科 実習室の案内図
パース大学看護学科 3Dバーチャル見学
ページトップへ戻る

医学と工学の関連を理解し、医用工学の基礎知識を体系的に学ぶ科目

医用工学概論

工学技術を医療機器に応用するための知識や技術を学ぶ科目

医用超音波工学、放射線工学概論、医用レーザ工学、医用画像処理工学、生体物性工学、人間工学
×

各種医療機器の全体像を把握し、臨床現場での役割について学ぶ科目

医用機器学概論

臨床で利用される計測機器、治療機器の実践的な知識や技術を学ぶ科目

医用治療機器学、医用治療機器学実習、生体計測装置学、生体計測装置学実習
×

人の呼吸、循環、代謝に関わる生命維持管理装置の原理や構造を理解し、基礎的な知識や技術を修得する科目

生体機能代行装置学Ⅰ、生体機能代行装置学Ⅱ、生体機能代行装置学実習

臨床工学技士の業務に直接的に関わる実践的な知識を修得する科目

呼吸療法装置学、呼吸療法装置学実習、体外循環装置学、体外循環装置学実習、血液浄化療法装置学、血液浄化療法装置学実習
×

医療安全に関する概念と安全確保のための基本的な知識や技術を修得する科目

医用機器安全管理学Ⅰ、医用機器安全管理学Ⅱ、医用機器安全管理学実習、医療安全工学

医療に携わる一員として遵守すべき法律や法令について学ぶ科目

関係法規
×

臨床医学の基本的事項を幅広く理解する科目

臨床医学総論Ⅰ、臨床医学総論Ⅱ、臨床医学総論Ⅲ

救急医療と集中医療の特徴と体制のあり方について学ぶ科目

救急救命医学
×

臨床工学技士としての基礎的な実践能力を身に付け、チーム医療の一員としての責任と役割を自覚することを目的とする科目

臨床実習Ⅰ

応用的な実践能力を身に付け、医療における臨床工学の重要性を理解することを目的とする科目

臨床実習Ⅱ
×

1 年次から3 年次までに修得した知識や技術を整理及び連携させ、総合的に理解を深めることを目的とした科目

臨床工学総合演習Ⅰ、臨床工学総合演習Ⅱ

医療分野における問題意識と研究意識をより高めるための科目

臨床工学英文講読、臨床工学研究セミナー

創造的な研究を行う能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うことを目的とする科目

卒業研究
×

人体の構造や機能から疾病の成り立ちを学ぶ科目

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、病理学、薬理学、生化学

疾病と社会の健康との関連を幅広く学ぶための科目

公衆衛生学
×

医学についての基礎的な概念を幅広く学ぶ科目

医学概論

人体の構造的・機能的・形態的な理解を深める科目

基礎医学実習

人体の正常な構造・機能が常態を逸脱していく過程から、疾病の状態及び回復の過程を学ぶ科目

臨床生理学、臨床病理学、臨床薬理学、臨床生化学、臨床免疫学、臨床心理学

看護の概念や定義の変遷から看護の本質を学ぶ科目

看護学概論

臨床検査の意義と臨床検査の基本的な種類・内容について学ぶ科目

臨床検査学総論

細胞の電気的刺激による興奮と電気生理学に関して学ぶ科目

臨床神経生理学
×

医療で応用される理工学的技術及び医療機器を理解するための能力を養う科目

応用数学、応用数学演習、医用電気工学、医用電気工学実習、医用電子工学、医用電子工学実習、計測工学、医用材料工学
×

医療機器の設計、製作及び機器の安全かつ適正使用のための基礎知識を学ぶ科目

医用機械工学、医用機械工学演習

システムに関する理論と技法の基礎を学ぶ科目

システム工学、システム工学演習

医療分野で利用されるコンピュータ、ネットワークに関する基礎的知識や技法を学ぶ科目

医療情報処理工学、医療情報処理工学演習、医用情報通信工学

物理工学的な実験方法から、実験報告書や論文のまとめ方、プレゼンテーション能力を養う科目

基礎工学実験
×

大学教育に必要なスキルの学習を通して、大学生としての学習・生活を確立すると同時に、専門分野に必要な能力を形成し、専門に対する興味・関心を深める科目

大学の学び入門、大学の学び-専門への誘い-

チーム医療の担い手としての力を培うための科目

多職種理解と連携
×

【心身の発達】発達・行動・心理の各側面から、人間、身体、健康に関する理解を深める科目

心理学、教育学、教育心理学、健康スポーツ理論、健康スポーツ実技

【思想及び表現】人間が創造した様々な考え方や表現を学び、人間に対する理解を深める科目

生命倫理、哲学、現代文学、人間と宗教、芸術

【人間と生活及び社会のしくみ】人間が生きるための土台である生活と人間を取りまく社会に対する見識を広げ、社会への関心、理解を深める科目

法学(日本国憲法含む)、社会学、生活文化と医療、経済学、地域ボランティア活動論

【自然の原理及び環境】自然科学や自然環境、人間が創り出した環境についての知識、理解、関心を深める科目

環境学、基礎生物学、生物学、基礎数学、数学、基礎化学、化学、基礎物理学、物理学
×

【英語】英語を通して、コミュニケーション力を培い、文化的視野を広げ、他者理解を深める科目

英語リーディング、医療英語リーディング、英語会話、医療英語会話、英語アカデミックリーディング・ライティング

【初修外国語】英語以外の外国語を通して、コミュニケーション力を培い、文化的視野を広げ、他者理解を深める科目

中国語、コリア語、ドイツ語、ポルトガル語

【情報】情報に関する処理方法とモラル、マナーを学ぶことを通して、情報に対する正しい対処法を理解し、深める科目

情報処理、情報リテラシー、データサイエンス入門
×